インプラント治療をはじめとしたデンタルケアインフォメーションサイト

医院選びの重要性並びに状況に応じた歯科医院選び

歯科におけるインプラントとは

インプラントは、基本的に体内に埋め込むことで、肉体の欠損を補う医療器具全般を指し、歯科におけるインプラントの場合、失った歯を補うことを目的として、歯を失った箇所の顎の骨に代替用の歯を支えるチタン製の医療器具が埋め込まれることになり、歯科治療としては比較的大規模な外科的な手術を伴う施術を必要とする、歯科治療に用いられます。

つまり、インプラントは肉体の欠損を補う医療器具の総称であり、歯科においては、疑似的な歯を支えるために顎の骨に埋めこまれる土台として機能する医療器具を指し、従来型の歯科治療の一環として用いられる銀歯や入れ歯とは、着脱方法や維持管理の方法が異なるのみならず、使用感も全く異なる、比較的新しい医療器具と言えるのではないでしょうか。

インプラントはハイリスク・ハイリターン

歯科においてのインプラント治療の場合、顎の骨に器具を埋め込むという外科手術を伴う施術を行うため、優に半世紀は機能する本来の歯に限りなく近い疑似的な歯を半永久的に取得できる上、治療に際して他の歯に与える直接的なダメージを最小限に抑制できるなどの副次的なメリットも得られるなど、ハイリターンを望める治療です。

ただし、リターンが大きい分リスクも大きく、外科手術を要するため顔にメスを入れることになり、骨に医療器具を埋め込むという歯科治療としては大規模な施術を施すために、他の歯科治療に比べ、治療にかかる時間が長いのに加え、施術に失敗した場合や施術後に雑菌や病原菌が傷口へ侵入した場合の感染症の症状も、格段に重くなる可能性が高まります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る